72の場所

モラトリアム青年が何かを見つける物語 僕と僕の周りのすべて

比較的聞きやすい!プログレッシブロックの名曲4選+4選

今日はちょっと前からハマっているプログレッシブ・ロックを紹介。

プログレって?

プログレッシブ・ロック: Progressive rock)は、1960年代後半のイギリスに現れたロックのジャンル・スタイルの1つ。実験的・前衛的なロックとして普遍性からの意図的な逸脱が特徴。(wikiより)

作品のテーマ性を高めていった結果、複雑で崇高な芸術性のある曲になりました☆

みたいなね。ちなみにここでの芸術性に嫌気がさした若者によってこの後パンクというジャンルが生まれるのは興味深いですね。

 

にわかプログレ好きのお送りする当たり障りのないプログレ曲ばかりですが

楽器を演ってるって人やゲーム音楽が好きって人には特におすすめ。

超絶技巧満載のプログレ曲は楽器経験者ならその凄さが分かるし、ゲーム音楽はプログレの影響を強く受けているものが多く「あの曲に似てるな」と感じることがあるはず。

というわけで、プログレ四天王と呼ばれる4バンドから一曲ずつと、気に入ったのなら次はこれという曲を紹介。

 

YES-Heart of sunrise(燃える朝焼け)


Heart of the Sunrise [Remastered]- YES

ジョジョのEDにも使われたRoundaboutと同じアルバムFlagile(こわれもの)のラストナンバーとして収録されている一曲。10分?くそ長いな、と思うかもしれないけどプログレで10分なんて当たり前。Roundaboutも全部で8分半ある曲なんだけど別々の場所をうまいこと切り取ってジョジョのEDに使ってました。

目覚ましには最高の曲じゃないかと勝手に思っている。

なんでこうも全員ピッタリ合うのか

ライブ版もなぜかなんでかピッタリ揃ってます。

次の一曲→Yes - Siberian Khatru - YouTube

Close to the Edge(危機)というアルバムの一曲。

20分弱に及ぶ表題曲も素晴らしい構成なんだけど分かりやすさで言ったらこっちかな。 カッコイイ。

 

King Crimson-21st Century Schizoid Man (21世紀の精神異常者)


King Crimson - 21st Century Schizoid Man (1969) HQ

この曲からプログレッシブロックが始まったというまさに世紀の名曲。

これがキングクリムゾンの1stアルバム In The Court Of The Crimson King(クリムゾン・キングの宮殿)の一曲目でありイントロから世界中の人々が衝撃を受けたこと間違いなし。ディアボロの冒険プレイヤーにはおなじみの曲か。

参考動画はライブ版なんだけどニコニコにオリジナルもあったはず。

 

次の一曲→Starless King Crimson - YouTube

4:30から9:00までのこの緊張感、ヤバイでしょ、退屈だなとか言って飛ばしちゃあかんで。真っ暗な部屋で目をつぶってじっくり聞くのがおすすめ。

ところで何かのドラマのBGMでこんなような曲を聴いたことがあるんだけど思い出せない。。。

 

Emerson, Lake & Palmer-Truks


Tarkus - Emerson, Lake & Palmer [1971] (HD)

文字通りエマーソンさん(key)とレイクさん(base)とパーマー(drum)さんから成るギター抜きの3人バンド!キーボードが好きな人にはオススメ

先日3月10日に亡くなったキーボードのキース・エマーソンは当時最新鋭の楽器であり、みんな効果的な使い方が分からずビビっていたシンセサイザーを初めてロックに取り入れることに成功したすごい人物。また、ギター無しのELPにおいてライブ時、ナイフを鍵盤にさしたり空中で回りながらピアノを弾いてみたり、ギターがいなくても十分に派手なパフォーマンスができるんだぞ!ってことを示した人でもある。

 

このタルカスという曲について。

タルカスというのはジャケットに載ってるこのお茶目な生物の名前でこいつはアルマジロ戦車なのだ。こいつが火山から出てきて地上のありとあらゆるものをぶっ壊して海へ帰っていくという構成の曲である。(分かる?)

2012年の大河ドラマ平清盛にオーケストラ版が劇中歌として使われたことで有名。

また、言うまでもなくジョジョ1部に出てくるタルカスはここからきている。(ちなみにブラフォードはYES、King Crimsonのドラマーの名前)

 

次の一曲→Emerson Lake And Palmer - Jerusalem - YouTube

タルカスは長かったのでこちらでは3分弱の短めの曲を。

 

Pink Floyd-Money


Money - Pink Floyd HD (Studio Version)

この曲が収録されているアルバムThe Dark Side of the Moon(狂気)は邦題から察するように人間の狂気について表現したコンセプトアルバムであり本来ならばアルバム通しで紹介するべきなんだけどしいてあげるならシングルカットもされたキャッチーなこの一曲を。

世の中カネだよカネ!カネがあれば何でもできる!

犯罪的だよなぁ、カネは諸悪の根源だよ!

でももっとくれって言ったってもらえないことも分かってるだろ、当たり前のことさハハハ

みたいな歌詞です。

 

次の一曲→Pink Floyd - Atom Heart Mother Suite (Full Song) - YouTube

プログレにはオーケストラに寄せていくタイプの曲とジャズに寄せていく曲が多いのだが前者のうちの傑作。

 

 

さいごに

 

プログレの曲はアルバム通しで聞いてもらうことを意図して制作されてるものが多いのでぜひタイムとマネーが許せばゆっくりじっくり聞いてみてほしいと思います。

 

宅配レンタル体験で借りるのもいいね!

 

www.72spot.com

 

終わりです。