72の場所

モラトリアム青年が何かを見つける物語 僕と僕の周りのすべて

ドラえもんの歌詞が気になる

春だ、4月だ、新学年だ。

明日のことが気がかりで仕方ない時期だ。
しかし、そんな合間、逆に昔のことをふっと思い返してみたりもする。
ごちそうさまと同時に運動場へ走り、わずか20分しかない
昼放課(これは愛知の方言らしい=昼休み)に一生懸命ドッチボールをしていた時代。
(正確にはドッジボールなのだがそのころの僕らにとっては"ドッチ"であった。)
金曜日、門限をきっちり守り家に帰って午後7時。自動的に出てくるご飯を食べながらドラえもんを見て、クレヨンしんちゃんを見て、Mステを見て、お風呂に入って寝てた時代。そんな時代からずっと僕が思っていたことだ。

 

いや、できねーじゃん

ドラえもんのオープニングに「夢をかなえてドラえもん」という曲がある。

たぶんみんな知ってる。


夢をかなえてドラえもん

 

そこの歌詞に

大人になったら忘れちゃうのかな

そんな時には思い出してみよう

 

とある。

ちょっと待て、ちょっと待て、忘れたら思い出せねーじゃん。

思い出せないから忘れたんじゃん。何言ってんだよ、おい。

 

ギアッチョ風に言えば

 

『大人になったら忘れちゃうのかな』ってのは、わかる・・・ スゲーよくわかる。
記憶は薄れていくものだからな・・・。

だが、「そんな時には思い出してみよう」って部分はどういうことだああ~~~っ!?
忘れたら思い出せるかっつーのよーーーーーッ!
ナメやがってこの歌詞ィ、超イラつくぜェ~~~ッ!!
思い出せたら、忘れてねぇじゃあねーか!
思い出せるもんなら思い出してみやがれってんだ!チクショーーッ!

どういう事だ!どういう事だよッ!クソッ!
ナメやがって、クソッ!クソッ!

f:id:kurippu1996:20160402144629j:plain

2007年の5月11日から「ハグしちゃお」からこの曲に替わったとあるので、
1996年生まれのハットリ少年は当時11歳だった(合ってるよね?)のだが
そのころから、ずっと、ずっと、僕はそう思っている。

(ちなみに、ゆずの「また会える日まで」は2002年の曲だそうで6歳の頃かとびっくりしたのは関係のない話。)

 

「忘れる」とは

読者のみなさんの中には

「忘れる」「思い出す」の定義を示すべきだと

主張するドラえもん擁護厨がいるかもしれない。

まぁ、いいだろう。

そこで、「ねぇ、こんな言葉を知ってる?」でおなじみ大辞林を繰ると

 

【忘れる】
①覚えていたはずのことが思い出せなくなる。記憶がなくなる。

とある。

 

 

やっぱりね。

一応「思い出す」も調べてみようか。

 

【思い出す】
過去のことや、忘れていたことを心の中に思い浮かべる。

 

え、うそでしょ。まさかの循環論法だ。
これは、さらなる追求が必要かもしれない。

 

それでも忘れたことは思い出せないわけ

が、一つ根拠を挙げておく。

ドラクエⅢの呪文に「おぼえる」「おもいだす」「わすれる」というのがある。
これはYボタンを押すことで直前まで喋っていた人との会話を「おぼえる」
そして後で必要な時に「おもいだす」
しかし、「おぼえる」ことができる会話の数には上限があるので必要のなくなったことは「わすれる」のだ。

わすれた会話はもっかい同じ人に話しかけないとおぼえ直すことはできない。

納得していただけたであろうか。分かってくれない子にはパルプンテしちゃうぞ♡

 

さいごに

ちなみに2番の歌詞にこうある。

大人になっても きっと忘れない
大切な思い いつまでもずっと

あ、そっすか、忘れないんっすか、サーセン...

サーセン、終わりっす。

f:id:kurippu1996:20160402144640j:plain

ごていねいに歌詞へのリンク貼っときます

www.kasi-time.com

広告を非表示にする