72の場所

モラトリアム青年が何かを見つける物語 僕と僕の周りのすべて

文字が読めない国ではどーんとくるのがいい 軍事博物館とタンロン遺跡 ベトナム2日目

ベトナム2日目、今日はハノイの町をくるっと回ろうという一日。
まず朝食はホテルの前の道に出ている屋台でおこわ的なものを食べる
屋台はいわゆる歩道に広がっていて地元の人も多くにぎわっていた。

f:id:kurippu1996:20160412234722j:plain

もち米に干しエビと謎の野菜をすりおろしたものがかかったシロモノ。
謎の野菜は味の薄いクリみたいな味と食感

f:id:kurippu1996:20160412234012j:plain

20000ドン
なんだかよく分かんないまま食べたけど結構おいしい
たとえるのが難しいけどもち米のもちもちと干しエビのさくさくと謎の果実のパサパサのコラボレーションがベトナムを感じさせた。日本にはない感じ。

ところで、ベトナムは朝が早い
日本だと博物館とかって10時からだったり早くても9時からだったりするのだけど
ベトナムの博物館やらはたいてい8時台に空いている。
こちらベトナム軍事博物館

f:id:kurippu1996:20160413002854j:plain

f:id:kurippu1996:20160413002919j:plain

T-54やT-34などソ連戦車が多いのは
ベトナム戦争時代、北部は共産側だったから。
それに関係して道路の反対側にはレーニン像もありました。
屋外にも屋内にもたくさんのミリタリーものが展示されています。淡々と展示されています。

f:id:kurippu1996:20160413002947j:plain

多くの戦車や戦闘機が野ざらしで展示されている中、1両のT-54が屋内に堂々と展示されているこの戦車は!?、、、
1975年4月30日、北ベトナムが南ベトナムの首都サイゴンを陥落させ事実上ベトナム戦争は終結し、ベトナムが統一される。その際、大統領官邸(現在の統一会堂)に突入した、その戦車なのです。
でも英語の解説文には「75年4月30日に官邸に突入した戦車で、最初の国宝です。」としかかかれておらずベトナム戦争のこととかそこにいたる経緯とかは全く書かれていない。いろいろ展示しとくから意味は自分で考えてねって感じ。後々行くホーチミン戦争証跡博物館とは対照的だなと振り返って思う。
 
次は世界文化遺産であるタンロン遺跡へ!ハノイ市内にあってかなり手軽にいける世界遺産ということで期待していたのですが、、、

f:id:kurippu1996:20160413003319j:plain

なんというか、地味
欠けたり色褪せたりしてるところが多いし、中には普通にパソコンが並んでオフィスになっているところも。
部屋を巡る度にそこがオフィスなのか遺跡なのかを確かめないといけない。
 
 なんてこった
 
説明もあまりないし外国人にとっては
「庭の立派なちょっと古いオフィス」です。これは。
もっと修復をするようになったらいいところだと思うんだけどな。
 
よっしーがオーダーメイドのスーツを作ってもらってもらってる間
軽食ケバブ入りバインミー20000ドン
 
オーダーメイドは日本で作るより抜群に安いしビジョンがあれば作っていくのもいいよね
 
湖に移動して
フォー・ガ(鶏肉)とフォー・ブン(牛肉)をいただく。

f:id:kurippu1996:20160413003502j:plain

水上人形劇100000ドン
ベトナム語だから何言ってるか分かんないけど演目表はカタコトの日本語でもらえるので雰囲気で今何やってるかが分かるし、日本にはないようなゆるい劇なのでせっかくなら期待せずに行ってみよう!

f:id:kurippu1996:20160413003654j:plain

両手で動画を一生懸命撮る人。

寝てるヤツもいるけど!

f:id:kurippu1996:20160413003611j:plain

 
次にフットマッサージに行く。
5ドルで1時間です。チップ入れて8ドルだったかな。
何の技術のない僕でも1時間880円で頑張ってマッサージしろって言われたらいやなのにそこを謎の液体も駆使してプロの方がやってくれる。すげーな海外。
最後に素敵なTシャツを着た少年とハノイ大教会をどうぞ!

f:id:kurippu1996:20160413004022j:plain

今日はここまで!ダスビダーニャ!
ベトナムにはたくさん美味しいものがあるし食レポはまた別でやろうと思うよ!
というかむっちゃ日記になっちゃってるからもっと別アングルで体系的にまとめなおすかも!
おわりです!